H.D.SPORTSTER!

もうひとつのハーレーダビッドソン スポーツスター

レブテックのミッションオイルにしたら

XL883の2007年モデルの話ですが
走行後一週間もおくとクラッチが張り付いて
しまいます。

そこで一週間ぶりのエンジン始動の前にはギヤを
入れてクラッチを繋げたまま車体を前後に動かして
張り付いたクラッチを切り離すようにしています。


それがハーレー純正のミッションオイルでなく
レブテックのものに換えてみたら、その張り付き
症状が軽くなりました。

また、純正オイルの場合は交換直後には
シフトタッチが若干悪化してニュートラル出しも
厄介なこととなっていたものがレブテックの
ミッションオイルではそれが無いんですね。

何がどう違うのかは知りませんが
純正よりも良い結果となっているとなると
これからもレブテックにしておきたくなります。



ちなみにレブテックのミッションオイルは
エンジンオイルの交換と同じ時期に換えるよう
指定されていて

レブテックエンジンオイルの交換時期は
その取扱店の説明に拠れば6ヶ月・6000km毎
としていますよね。

20世紀の昔なら3000km毎に換えるのが
一般的でありましたが、オイルも進化している
らしく長寿命化しているのですね。

で私は5000km毎、つまり走行距離が5000の
倍数となったら換えることとしています。
これなら分かりやすいし。


6ヶ月では換えません。
もったいないし。(^^ゞ





テーマ:Harley-Davidon - ジャンル:車・バイク

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://independentrider.blog.fc2.com/tb.php/633-fea29be9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad